和ラー 両国 ちゃんこ鍋風

2017年9月16日

サッポロ一番の「和ラー」。
和風のラーメンで地方色豊かな商品ですが、和風の出汁が効いていて、比較的薄味。
どれも美味しいです!

そんな「和ラー」に新商品が出ました。
今回は、東京の両国、お相撲さんで有名なちゃんこ鍋です。

前回、似たような「和ラー」のバージョンがあったような・・・と振り返ったら、ありました!
「和ラー 博多 鶏の水炊き風」
こちらも鍋系の味付けということで、比べたくなりますね。

果たして、似てるのか? 違うのか?
購入は、近所のスーパーのワゴンセールです。
値段は118円(税別)・・・と感謝セール価格でした。
なんでも「1000万食突破!!」とか。私もこのうちの10食くらいは貢献してるかも(笑)。

ちなみに希望小売価格は180円(税別)だそうです。

商品名/コピー


サッポロ一番
和ラー [しょうゆ]
両国「ちゃんこ鍋」風
炊き出した鶏のうま味に野菜の甘みが特徴のちゃんこ鍋をアレンジした醤油味スープです
77g

「鶏のうま味」「野菜の甘み」ということで、やっぱり「和ラー 博多 鶏の水炊き風」と被るところがあるものの、「しょうゆ味」である点が違っていますね。

「和ラー 博多 鶏の水炊き風」は、透明な「塩味系」スープでした。

パッケージ写真


和ラー 両国 ちゃんこ鍋風
スポンサーリンク

「和ラー」のお馴染みのパッケージに、両国の高層ビル(実際行ってみると分かりますが、両国にもビルは結構建っています。都会ですよ。)と、本物のちゃんこ鍋の写真ですね。

そして、イメージカラーは紫。そうです。しょうゆ味だから紫です。分かりやすいです。

試食タイム

「和ラー」の良い所は、「日清カップヌードル」と同じで、内袋が無い点です。
だから、蓋を開けて、熱湯を注いで、3分待てば、あっという間に出来上がり! 楽ちんです。

出来上がりイメージはこちら

和ラー 両国 ちゃんこ鍋風

こちらも「和ラー 博多 鶏の水炊き風」の出来上がりイメージとほとんど変わりませんが、やっぱり「和ラー 両国 ちゃんこ鍋風」の方が、若干ですが色が濃いですね。「和ラー 博多 鶏の水炊き風」は、これよりもっと、真っ白だったので。

特徴は、野菜のキャベツが他のカップ麺と比べてもかなり多いこと、あとは、可愛い桜マークのかまぼこが浮いている点です。芸が細かいです。

では、さっそく食べてみましょう。

ズズーッ!

しょうゆ味ということで身構えましたが、意外とあっさりしていて美味しいです!

やっぱり「和ラー」は、どれも薄味の和風出汁。この味には安心感があります。

麺は普通麺と細麺の中間位です。食べやすく、するすると入っていきます。イメージは「鍋の〆に出て来る黄色い麺」。そんな感じです。

「鶏のつみれ」はしっかりと味が付いていて、これ一つ食べると、麺も一気に消費出来ます。

しょうゆ味である点も、味の濃さを助長しているようです。

沢山入っている「キャベツ」。甘くて美味しい! やっぱりキャベツはラーメンに足すと最高ですね。

「スープ」は、スープだけで食べると、ちょっとクドイ感じがします。

それでも、他のカップ麺の醤油味ラーメンと比較すれば、薄味で飲みやすい方です。

和風出汁が効いています。

スポンサーリンク

食べ終わり/総評

スープも含め、私は完食しました。麺も多くは無いので、あっという間に食べ終わるイメージでした。

美味しいものは無くなるのも早いです(笑)。

ただし、「スープ」は結構しょっぱいので、付け合わせに「おにぎり一個」は如何でしょうか? ちゃんこ鍋の残り汁で食べる「おにぎり」は最高ですので、これも間違いなく合います!

逆に言うと、おにぎりなどの付け合わせが無いと、スープを飲み干した時に、口の中に、かなり塩辛い後味が残ってしまいます。口直しが必要になりますね。

総評としては、「和ラー」シリーズ全てに共通で「オススメ!」ですが、私は「しょうゆ味」のちゃんこ鍋よりも、もっと薄味である「和ラー 博多 鶏の水炊き風」の方に軍配を上げます。

どちらも是非、一度、ご賞味下さい(^^)。

「和ラー」はどれも美味しいです!

関連記事:

和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風|食べてみた

和ラー 能登 海老汁風|食べてみた

和ラー 博多 鶏の水炊き風|食べてみた