埼玉・新座 ぜんや

最近、セブンイレブンのカップ麺棚は、まるで200円均一のように、200円の商品が並んでいるのだが、その中で、どうしても一度は食べたくなってしまう、気になる商品がこちら!
行列必至の塩ラーメン
埼玉・新座 ぜんや
一度は食べたい名店の味
名前の通り、並んでまでは食べに行けない噂の名店を、カップ麺という形で食卓に届けてくれる、そんな嬉しいシリーズです。
パッケージもシンプルに分かりやすく、こんな感じ

ぜんや
スープの味で勝負しているラーメンなのでしょう。
ラーメンの見た目は、何の変哲も無い塩ラーメン。
これでいて、行列が出来るわけですから、余程のものですよね。
お湯を注いで5分。少し長めなのは、後からわかるけど、麺が太いからなんですね。
後入れ調味料を、足して出来上がり。
パッケージ写真の通り、シンプルなラーメンです。
では、さっそく試食です。
ズズーッ!
ぬおっ!
麺が太い!
もちもちやん!
という訳で、スープよりも麺の方がインパクトが強いという、意外な結果に(⌒-⌒; )
この麺は美味しいです。歯応えもあって、なかなかカップ麺では、ありませんね。
でも、ほら、カップ麺の良いところは、「スープの味は本物そっくり」に再現できる可能性、ではないですか?
だから、スープの味に過度な期待をしてしまったのですが、この、ぜんやのカップ麺は、「惜しい」感じでした。
塩ラーメンのスープの美味しさって、お店で食べている時に、「何が入っているのかさっぱり分からないけれど、絶妙な味のバランスで、薄味で、飲みやすくて、全部飲んでしまう」といった類のものではないでしょうか?
このぜんやのカップ麺も、スープの味は魚介系も昆布系も色々入ってて、しかも、絶妙なバランスなので、もう元ネタは分からなくなっている、そういった類の素晴らしい味でした。
しかし、ちょっと濃いんです。
私はカップ麺を食べる時に、あえて線よりも上までお湯を入れるのですが、それでも濃い。
味噌ラーメンや醤油ラーメンに比べたら薄味です。
でも、塩ラーメンファンの期待は、もう少し薄味だと思います。

スポンサーリンク


薄味なのに美味しい!というのは、作るのが難しいですから、ここは、製品開発に努力が必要なところだと思います。
な〜んて言いながら、全部飲み干してしまったんですが、やっぱり、今回の評価は、今後の期待も込めて、
微妙
とさせて頂こうと思います。
塩ラーメンは、難しいわ〜(⌒-⌒; )