森永 大学いも風アイス

ローソン100で、今人気のアイスクリームと聞いて、売り切れ必至の中、通い詰めて入手しました!
森永
素材活活
大学いも風アイス
五本入り
種別:ラクトアイス
「大学いも味アイスを
 大学いも味チョコレートと
 香ばしい黒煎りごまで
 お楽しみください」
何が凄いかって、これ、箱入りで5本入っているのに100円で売っていることです!
てことは、1本20円ですよ! 安い!
1本が小さいのでは? ・・・いえ、そんなことはありません。1本でも十分楽しめます。ちなみに1本あたり、50mlあります。
私は冷蔵庫の能力の関係で、2回にしか分けずに食べてしまいましたが、5回に分けて食べても良いくらいです。
パッケージ写真はこちらです。

大学いも風アイス
シンプルな白いパッケージでアイスはサツマイモの色です。飾った所はありませんが、5本も入っているのですから、パッケージはシンプルで良いですよね。
製造工場が書かれていました。おや? 富山県で作っているではありませんか。水の美味しい富山県、アイス造りには適した場所だと思います。期待できますね!
それでは、さっそく家に帰って試食です。
フタを開けて中を見ると、ちょっと小さめのアイスバーが5つ、ちょっと隙間多めに入っています。
そのうち一本を内袋を開けて頂きます。
パクリ!
おっ、まだだいぶ固い。ラクトアイスだからでしょうか。そんなに早くは溶けません。
でも食べるのに支障のあるような硬さではありません。程よい硬さでパクパク行けます。
大学いも風ということで、かなり甘い味付けですが美味しいです。大学いも味チョコレートコーティングと名付けている表面の部分がとくに濃い味が付いていて甘い味付けです。さつまいも感は半端なくあります。これはありですね。
さらに美味しくしているのが「黒煎りごま」です。チョコレートコーティングの中に、写真の通り散りばめてある訳ですが、これがなかなか合うんです。
大学いもがさつまいもと黒煎りごまで作られている理由がそのまんま、このアイスクリームでも再現できているようです。
中のバニラアイスは、いかにもラクトアイスという感じで、アイスクリームの中では中程度の水分量となっています。大学いも風という点を邪魔しない、丁度良い味付けだと思います。

スポンサーリンク


私の家には冷凍庫が無いので、5本入っているアイスバーのうち、3本を一回目に食べて、残り2本を製氷室に入れておきました。
ちょっと小さいアイスバーといえ、なかなかの満足度ですから、一度に食べる量は2本くらいまでが適量かな? と思います。やっぱり100円で5本は安過ぎますね!
そして後日、残りの2本を製氷室から取り出して食べたのですが、表面こそしっかりしていたものの、中のバニラアイスはドロドロに溶けてしまっていました(爆)。
冷蔵庫、買い替えようかなぁ・・・ローソン100と、これからも付き合っていくなら、そっちが先だろう!?って思った今日この頃です(笑)。
てなわけで、抜群のコストパフォーマンスで、味も悪くない「大学いも風アイス」。
これはオススメです!